個性的でありながらも、あなたを引き立てるような存在。

そんな高級腕時計を、TPOに合わせて、さりげなく身につけたい・・・。

もしかしたら、その高級腕時計があなたの運命を変えるかもしれません。


高級腕時計の条件

高級腕時計の条件について考えてみました。

もし、あなたが、初めて高級腕時計を持とうとしているのなら、まず、腕時計の基本について理解しておいた方がいいと思います。

腕時計は、その基本的な仕組みの違いから以下の3種類に分けることができます。

 ・機械式
 ・クォーツ
 ・デジタル

機械式とは、簡単に言うと、ゼンマイにより歯車を回し、その回数に応じて秒・分・時の針を動かす仕組みを持ったもので、全てが機械的な動きにより制御されています。
このため、重い・衝撃に弱い・時間が狂いやすい と、余りよい面はありません。
特に時間の狂いが大きい(日差数秒)というのは致命的ですね。
また、駆動力はゼンマイから得ているため、定期的にリューズを回してゼンマイを巻く必要があります。 自動巻のように腕の動きでゼンマイを巻く機構が発明されてからは、自動巻が主流となりました。

次に、クォーツ式ですが、これは、時計の動作そのものは、機械式と同様に歯車を使って秒・分・時を計時しているのですが、正確な時を刻むための基準となる時間を生成しているのが、ゼンマイではなく、クォーツ(水晶)になります。 水晶は、正確な固有振動数を持っており、それを使って歯車の動きを制御することにより、月差数秒という精度を達成しています。

最後のデジタルとは、その動作には全く機械的な動きがなく、液晶などの表示デバイスで時刻を表示しているものです。
デジタル式は、軽い・壊れにくい・安い・時刻が正確 というような特徴を持っています。
価格は高くても数万円までで、下は1000円以下のものまであります。

さて、このような違いがあるのに、高級腕時計は全て「機械式」となっています。
機械式の腕時計は、すばらしい性能をもち、安価に製造できるクォーツ式の時計の登場によって大きな打撃を受け、一時期はほとんどの時計メーカは機械式の製作を止めてしまいました。 

ところが、機械式にこだわったスイスの職人達は、機械式時計にその思いを吹き込むことで、「高級腕時計」として、新たな価値を生み出していったのです。

クォーツやディジタル式では、精度を出すために、あまり工夫する余地が無くなってしまった結果、だれでもがそこそこのレベルの時計を作れるようになってしまいました。

一方、機械式では、高度な職人技が無い限りは、高性能なものを製造することはできないため、技術力がそのまま結果として表れる面があり、その点が職人を魅了したのでしょう。

そして、そのような職人の思いが吹き込まれた高級腕時計は、まさに芸術品としての価値をも持っていったのです。 このようにして、いくら頑張っても、クォーツやデジタル式に精度では勝ることはできない機械式腕時計は、その価値を高めていきました。

もしも、あなたが、腕時計に、高い精度・壊れにくさ・止まらない ということだけを求めるのなら、高級腕時計ではなく、デジタル腕時計をお勧めします。

でも、腕時計をすることで、ときめきを覚えたいのなら、機械式の高級腕時計をお勧めします。

そして、高級腕時計を選ぶ時には、単に、宝石を散りばめただけではなく、職人達が苦労して組み込んだ、「パーペチュアル・カレンダー」「ムーンフェイズ」「トゥールビヨン」などの、様々な複雑な機構の価値を感じながら選んで頂けたらと思います。

リンク集

当サイトでは、相互リンクを募集しています。

相互リンクご希望の方は、下記情報を元に当サイトへのリンクを掲載して頂いた後、こちらへメールにてご連絡下さい。


当サイトのURL:http://goldwatch.seesaa.net/
サイト名:セレブのための超高級腕時計
紹介文セレブなあなたを満足させることができる、超高級腕時計たちを紹介しています。





用語集:スクリュー・バック

時計の裏蓋には、ケースにはめ込んでいるだけのものと、ねじ込み式になっているものとがあり、スクリュー・バックとは、裏蓋がねじ込み式になっていることを意味します。


機械式腕時計の用語集へ戻る

用語集:センター・セコンド/スモール・セコンド

秒針が時針や分針と同じ中心軸に配置されているものをセンター・セコンドと呼びます。 一方、文字盤に秒針のための小窓が別途設けられていて、そこに秒針があるものをスモール・セコンドと呼びます。

ストップウォッチ機能が付いているクロノグラフでは、センターにある秒針(長針)をストップウォッチのために使い、その代わりにスモール・セコンドが付いているものが多いです。


機械式腕時計の用語集へ戻る

用語集:フライバック

クロノグラフでは、計測中に次の計測に移るには、

   「停止」-->「リセット」-->「開始」

という3段階の操作をしなければならないが、フライバック機構を装備したクロノグラフでは、これを1つのボタン操作で可能としている。

文字通り、「飛ぶように、元の位置に戻る」という感じである。


機械式腕時計の用語集へ戻る

用語集:ジュネーブ・シール

ジュネーブで製作され、一定の品質基準、精度、耐久性が条件を満たし、さらに、ジュネーブ州内に住む時計職人によって製作されたる高品質時計に与えられる認証のことで、ムーブメントにジュネーブ市の紋章が刻印されている。


機械式腕時計の用語集へ戻る

用語集:クロノメーター

高精度の精密時計のこと。

文字盤などに「クロノメーター」を記載されている場合は、そのムーブメントがC.O.S.C.(スイス公式クロノメーター検査協会)による15昼夜間に及び精度検定に合格したことを示しており、証明書が発行される。


機械式腕時計の用語集へ戻る

用語集:ブレゲ針

下図のような形をした針を見たことありませんか?
針先の途中に円の入った針はブレゲがデザインした独特の針で、「ブレゲ針」と呼びます。






機械式腕時計の用語集へ戻る

用語集:パワーリザーブ

ゼンマイの巻き量を針で表示する機構のことです。

つまり、40時間の巻き量のあるゼンマイが、あとどれくらい動作するパワーを持っているのかが判ります。

機械式時計は、使っていないと止まってしまうため、残りのパワーが判るのはとても便利ですよ。

下の写真は、パワーリザーブ機能を持った時計「ブレゲ クラシック パワーリザーブ」です。







機械式腕時計の用語集へ戻る

用語集:ムーン・フェイズ

29日周期で変わる月の満ち欠けを文字盤上に表わす機能のことです。

この機能は見ためは非常によいのですが、止めてしまった場合などには調べて設定するのが面倒なので、ワインディングマシーンを利用して、止めないように対策することをお勧めします。

下の写真の時計は、ムーン・フェイズを搭載したブレゲ クラシック パワーリザーブ です。






機械式腕時計の用語集へ戻る

用語集:ミニッツリピーター

現在の時間をチャイムの音で聞いて、知らせてくれる機構です。

最初に時間が鳴り、次に15分単位のチャイム、そして分単位のチャイムが鳴ります。

非常に高度な技術が必要で値段も1000万円以上するものがほとんどです。


機械式腕時計の用語集へ戻る

用語集:トゥールビヨン

天才時計士『アブラハム・ルイ・ブレゲ』が発明した、「テンプ」(機械式時計の時間を測る髭ゼンマイの入っている部分)の動きに対する重力の影響をなくすための機構のことです。
「テンプ」自体を回転させてしまうという独創的な機構により、時計の心臓部自体を回転させる、その技術は非常に高度で、組み上げることのできる人間が、世界に10数人しかいないとさえ言われています。
下図の青い線で囲んである部分がトゥールビヨンです。

tb.JPG

トゥールビヨンの時計の一例(ジュール・オーデマ トゥールビヨン)



機械式腕時計の用語集へ戻る

用語集:永久カレンダー(パーペチュアル・カレンダー)

大の月でも小の月でもカレンダーの日付を自動で合わせてくれるだけでなく、一般には閏年の29日にも対応した時計を永久カレンダー搭載と呼んでいます。
ただし、100年に1度(次は2100年)閏年にならない年があるので、その時には調整が必要となります。

逆に言うと、パーペチュアル・カレンダーでない時計は、30日や28日までしかない月の場合は、自分で、日を合わせる必要があります。


機械式腕時計の用語集へ戻る

用語集:レトログレード(ジャンピング・アワー)

普通の時計は、すべての針が360度回転することによって時間を刻みますが、この機構を持った時計はある所まで針が行くと、突然針が0の位置まで戻ります。


この機能を分針に持った時計を「ジャンピングアワー」と呼び、それ以外を『レトログレード』または、「フライ・バック」と呼びます。最近では、日付や曜日などに使われた場合が『レトログレード』、クロノグラフの秒針に使われた場合が「フライ・バック」と呼び分けられています。

下の写真の時計は、時・分・日がレトログレードになっています。

retrograde.JPG

レトログレードの一例(ピエール・クンツ コンプリケーション レトログラード パピヨン)



機械式腕時計の用語集へ戻る



<<お奨めの外国為替証拠金取引業者>>
FXCM| AFT-FX| セントラル短資| 外為オンライン| トレイダーズ証券| ひまわり証券

<<お奨めの化粧品>>
アテニアハーバー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。